IdP of the Year

学認では,参加しているIdP(Identity Provider)設置機関のなかでも,その年度に最も模範となるIdPを「IdP of the Year」として表彰しています。

初期は学認アンケート(現・学認参加IdP運用状況調査)の結果をもとに,もっとも模範となるIdP運用機関を表彰 していましたが、現在はアンケートの結果のみだけでなく,IdPに関して,最も顕著な活動が見られた機関を表彰 しています。

 

           

 受賞年度  機関名  受賞理由  表彰イベント
2012年度  大阪大学  学認アンケートにおいて最も模範的なIdP運用を行っていると認められた  Japan Identity & Cloud Summit 2013
 2013年度  山形大学  学認アンケートにおいて最も模範的なIdP運用を行っていると認められた  Japan Identity & Cloud Summit 2014
 2014年度  金沢大学  多要素認証への対応などIdPの機能向上に積極的にとりくみ,その成果を国内外の学認関連イベントにおいて講演等で広く紹介  オープンフォーラム2015
 2015年度  国立高等専門学校機構  全国の高専のIdPの運用管理レベルを高く保つべく、全体の適切なマネージメントおよび運用レベルの下支えを全国レベルで実現  オープンフォーラム2016
 2016年度  慶應義塾大学  IdPの適切な運用と,Shibboleth IdP Version 3へのアップグレードについての積極的な情報発信と学認への多大な貢献  オープンフォーラム2017
 2017年度  近畿大学  多要素認証の導入や,Shibboleth以外のミドルウェアを用いたIdPを構築・運用し,学認の多様性に貢献  オープンフォーラム2018
 2018年度  上越教育大学
 東北学院大学
 IDaaSの導入により,新たな形態のIdPを運用し,学認の多様性に貢献  オープンフォーラム2019